第一章 常識マニュアル

 僕とあの人との出逢いは、遡ること3年ほど前になる。高校を卒業した僕は、世間一般的に言うところの浪人生活をスタートすることになった。大学進学に成功した友人もいれば、就職を選んだ友人もいる。僕のように浪人する道を選んだ友人 […]

続きを読む
序章 そこに在るもの

 あれっと、私は空を見上げていた。こういう日はいつも晴れていたような気がする。今日は雲が厚く日差しを妨げているのだ。あの人が去ったのは、そんな日だった。最後の日だというのに誰とも顔を合わせないまま、その姿と笑い声はいつも […]

続きを読む